月別アーカイブ: 2017年7月

銭湯での気になる視線

お腹まわりと、足がかなり毛が濃いです。

腕などはさほど濃くないので、露出の多い夏場でも、外では長ズボンさえ履いていれば上半身は半袖で過ごすことができるのでまだ助かっています。

が、夏でも気になること・・・。

それは、大好きな銭湯に入りに行くときです。

銭湯が大好きで、特にスポーツ終わりの後や、夏の仕事で一日大量に汗をかいた後に銭湯でさっぱりするのが大好きなのです。

ところが、銭湯では当然裸になるもの。

バスタオルを巻いて入る・・・のんてこともできないしお風呂に浸かっていないときでも、バスタオルで隠すのはかなり不自然で、逆に変な目で見られてしまいます。

なので、普段はハンドタオルでなるべく下の部分を隠そうと思っているのですが自意識過剰になっているせいだと思うのですが、なんだか周りの人からジロジロと見られているような気がするのです。

このように自意識過剰になってしまったのには原因があって、中学校のころから同じ部位が毛深かったのですが
中学校の時に銭湯に行った時のこと。

この頃は、まだ自分がそんなに人と比べて毛深いという風には自覚をしていませんでした。

とある家族づれがお風呂に入って来て、その男の子がひとこと

「あのお姉ちゃんのお毛毛すごいよ!なんかゴリラみたい!」

と言われてしまったのが思春期だったことも大きかったと思うのですが、とてもショックを受けてしまいました。

それから、はっきりと自分が毛深いということを自覚するようになり剃ってもすぐに生えてくる自分が嫌になってしまいました。

大人になってからは、知っている人に裸を見せる機会もほとんどなくなったし、他にももっと毛深い人も何人も見て来たので、それほど大きなコンプレックスは感じていませんが、それでもなんだか、そういう目で見られているような視線を感じると、なんとなく嫌な汗が出て来たりするのです。

でも、脱毛(お金があればしたいですが…医療脱毛 町田)をするほどまでは気にしていません。もっと歳をとれば開き直れるのかな・・・と今は思っています。