コンプレックスは身長と毛深さ

私のコンプレックス・・・いろいろあるけど、1番は身長。 背が低いため、1日に何度背伸びをするかわからない。

電車のつり革も腕を伸ばしきって捉まるので安定せず、隣の人にぶつかって謝る始末。 ライヴハウスでは人の隙間から背伸びをしてステージを見るけどほとんど見えず・・・

何よりも集合写真では必ず「チビは前行け!」と言われ、どんなにお洒落してても全身が写らない。 背が低いくせに声も低い。それもコンプレックス。

背が低い人は声は可愛いはずなのに・・なんて言われてしまう。 少しシワガレた声なので可愛くないと。

あまり気にしていなかった・・・というか、気が付かなかったけれど、最近よく「腕太いね」と言われる。 長年力仕事に携わっていたせいか、細身の低身長の体ではアンバランスな腕の太さ。

特に肘から手首にかけての太さが、たしかにおかしい。 しかも、男の人みたいに筋肉が・・・

今どきの若い人たちは外人さんみたいにスラッとしていて、腕も足も細いので余計に気になる。

もうオバチャンだからと、開き直ってはいるものの、悪あがきでヒールの高い靴を履いたり、腕を隠すような服を着たりしてしまう。

やることをしっかりやって、実績を残していれば人として成長できる。 身長は伸びない(むしろこれから縮む・・・)し、声も可愛くなることも不可能。

腕も細くはならないだろう。 けれども、毎日を頑張って最高の笑顔で過ごせればコンプレックスなんて、どうでもよくなるのだろうと、思いっきり開き直れるようになってきています。

年齢とともに図々しくなってるだけかな・・・ コンプレックスをあげたらキリがないのです。

手が小さい・鼻が低い・胸が小さい(これ、結構深刻)などなど。 コンプレックスを逆手にとってしまえる精神が身につかないと、コンプレックスはずっと消えないのでしょうね。

あっ!でも一つコンプレックスを解消したことが。それは毛深さ。毛深さは脱毛に通えばどうにかなるので良かったです。私の住んでる姫路市には意外とたくさんの脱毛サロンがあってびっくりしました。※参考⇒脱毛姫路市

コンプレックスは一つでもない方が良いですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です